不動産と行なう不動産売却|任意売却で手放すsmile住まい

不動産

手元にお金が残る

不動産

夢のマイホームを購入したが、ローンの返済ができなくなってしまったという場合は、任意売却を選択すると適切です。マイホームを購入する際、多くの人が返済シミュレーションを行ないます。月々の給与と生活費、教育費などを差し引き毎月の返済額を決めます。ライフスタイルに応じた返済プランを立てますが、生活していく上でさまざまなトラブルや問題が生じ、返済ができなくなってしまうことがあります。リストラや倒産といった職を失う可能性や、怪我や病気により収入が途絶えてしまう可能性です。そういった場合はマイホームのローン返済が行なえないので、住宅を手放すことになります。通常の方法だと一括返済が義務付けられ、これが無理なら差し押さえにあってしまう可能性があります。その他の方法として、裁判所の権限の下、売却を行われることもあります。しかし、この方法だと所有者は手元にマイホームの売却料金が入ってこないため、マイホームから退去する際や引っ越す際の費用が残りません。しかし、任意売却なら所有者の手元にマイホーム売却料金が残るのです。

任意売却の最大のメリットは、所有者のスケジュールにあわせてマイホームの売却を行えるということです。さらに、売却料金の中から残っていた住宅ローンを返済したり、住民税や固定資産税などの税金や滞納していた管理費などを完済したりすることができます。任意売却を行ないたいと考えている場合は、任意売却を行なっている不動産に相談すると適切です。不動産によって任意売却によるマイホームの売却料金が異なります。少しでも高く売却するためには、信頼できる不動産に任意売却について相談することが大切なのです。また、所有者が認知症になってしまった場合や、行方不明、音信不通などの場合は法的申請を行った上で第三者が任意売却を進めることができます。しかし、契約するまでに通常の任意売却よりも長い期間が必要になるのではやめに行ないましょう。